子ども達が通うのはシュタイナー園。私もシュタイナーについて勉強中です。手仕事、手作りおやつ、参考になった読み物など、日々の出来事も含めてお話していきたいです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by どんぐりん* at --/--/-- --:-- | Top▲

柳家小三治さん、プロフェッショナルとは


こんにちは、どんぐりんですどんぐりぼうや


少し前の『プロフェッショナル仕事の流儀」のゲストが落語家の柳家小三治さんでした。

自己啓発ものが大好きな私は、この手の番組が大好きです。

その日は、他の仕事をしながらちらりちらりと見ていましたが、
最後の言葉にしびれました。
毎回番組の最後にゲストにとってプロフェッショナルとは何か?をたずねるのです。
みなさん、心に響く言葉を語ってくれるのですが、
小三治さんは、

「いつもこの番組で、たくさんのプロフェッショナルな方々を、
 かっこいいな~、すごいな~と思って観ていますが、
 皆さん自分がすごいだなんて思っていないと思います。
 今やってることで頭がいっぱいで、そんなこと考えてないと思います。
 僕はそうです。
 ---それが、プロフェッショナルだと思います。」

正確ではないですが、大体このようなことを話されました。
それが、またびしっと、お話されるんです。
さすが噺家。

なんとも、潔くスマートで、かっこいい。

厳しそうな方でしたが、今の若い人にない芯の強さを感じ
自分の背筋が伸びる感じがしました。
スポンサーサイト
Posted by どんぐりん* at 2008/11/14 14:50 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
柳家小三治さん、プロフェッショナルとはへのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。